先月24日は、通常国会が戦後最長の95日間延長をされました。今日、7月24日は参議院にとって大きな動きのある日となりました。
 10時に開会された参院本会議は、日程第一として安保関連法案を審議する為の特別委員会の設置を決めました。規模は45人委員会で、各会派から委員が出せる様になり、民主党委員の数は11名。筆頭理事には北沢元防衛大臣、次席理事には福山幹事長代理が就きました。
 週明けの27日には本会議での趣旨説明と質疑。28日から3日間は総理・TV入りで実質審議が始まる予定です。民主党はそもそも憲法違反の疑いが濃い政府案に対する法案(対案)は考えていません。撤回が妥当と考えます。

 同日の日程第二として、足掛け3年を費やして検討して来た「公選法改正案」つまり、来年の参院選の選挙制度が採決されました。
 今回は通常の委員会審査を省略し、民・公など4会派の提出した「10合区案」(一票格差2倍以内案)と、自民と野党4会派が提出した「10増10減案」(格差3倍超案)が、本会議で趣旨説明・質疑・討論の順に行われ、私は最後の討論に民主党を代表して2倍以内案への賛成を呼び掛けました。
 結果は残念ながら、自民と4会派提出の10増10減案が、過半を押さえて成立しました。参議院としての権威・尊厳・英知を司法や国民に示す事は出来ませんでした。それにしても自民党の知恵なし・努力なし・情けなしぶりにはあきれましたし、与党でありながら「協議会」の経緯を踏まえ、司法の判断を尊重した公明党の決断と実行には改めて敬意を表します。

 28日からTPP閣僚会合が予定されています。
 20日には水戸市内で「国会決議を守れ!」と、JAや医師会・生協連などが合同で集会を開きました。
 政党代表挨拶で私は「国会決議は既に逸脱しているのではないか、政府は撤退すべき。」と訴えました。
 同日の午前中は、水戸駅南口のデッキで「安保法制の衆院強行採決は許さない。」「国民の声を聞き法案は撤廃すべき。」と訴えました。街頭行動には藤田参院議員、水戸・佐藤県議、ひたちなか・二川県議なども参加し、チラシ配布も行いました。

 今日は土用の丑の日です。うなぎは食べていませんが、党勢がうなぎ登りになればと思いつつ、暑い東京の日々を過ごしています。

8/2
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
 

前へ!歩み続けます

▲高萩まつりで大足市議・商店街の皆さんと 

2015年7月24日

それ以外の記事はこちら
7/25
▲安全な水辺で楽しく遊ぼうin那珂川
▲安倍政権の暴走ストップin勝田駅 
▲JP労組各支部の大会で      
▲戦後70年・平和を求める茨城集会 
▲結城市長選挙・ぜんば候補出陣式   
▲神栖市市制10年。おめでとうございます!
▲電機連合加盟組織の大会等で挨拶  
8/3
8/1

参議院議員 郡 司  彰

茨城事務所は2014年10月に移転しました。
「インフォメーション」をご覧下さい。

11/15
元参院議員・小林元さんご逝去(2015.7.8)
国会、戦後最長95日間の延長。(2015.7.3)
公職選挙法を改正!参院選挙制度改革も待ったなし。(2015.6.18
衆院「労働者派遣法」を採決か?(2015.6.15)
入梅。審議日程も荒れ模様。(2015.6.8)
患者負担増の「医療保険改革法」成立(2015.5.28)
党首討論行われる(2015.5.20)
課題山積、後半国会始まる(2015.5.7)
7/25
7/26